ブログなんちゃら。

今はTwitterに専念してます。http://twitter.com/matsu_k3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習性


A型にとって、
それが完璧にできず中途半端に終わることが目に見えたなら
そもそも手をつけない。


100を目指せず72くらいで終わるのなら
0のままの方が美しいからだ。


だから自分は部屋を片付けられない、、

というのは言い訳だけど、
これに共感できる貴方はA型★

スポンサーサイト

発メロとそこから派生した過去の活動に関して言いたいこと。

視覚と聴覚。


人間の知覚の多くの情報は視覚によるものに占められるが
時として、聴覚によるものからはそれ以上の感情を沸き立たせる。



例えば、「東京」という街を視覚で思い起こすのならば、、、

東京タワーや都庁、渋谷スクランブル交差点…
そういったものの写真を見ればなんとなく思いは浮かぶだろう。
その他にも素材は無数にあるだろう。


ところで、「東京」という街を聴覚のみで思い起こすことができるものがあるだろうか?








私が発車メロディに興味を持ったきっかけはそういうことです。




常に声を大にして言い続けたいのですが、
私は発車メロディの音素材、曲そのもの、が好きなわけではなく(もちろん素晴らしい曲もありますが)、
「”サウンドスケープとして”首都圏の街並みを凝縮した聴覚シンボル」としての一面が好きなのです。



これは何も発車メロディじゃなくとも、それに代わる何かに興味を持っていたかもしれません。
ピアノで弾いてみたことも、それそのものは何の主張でもなく、
あの動画の撮影日をもって生まれ、終了したものです。



それ故に、単純に、聴いたことあるーとか、耳コピすごーいとか、
そういった表面的な見方だけで終わらされるのは不本意で、
メディアには不快な思いをさせられてきたものです。
過去のTV出演は、特に後半の方は本意ではないことばかりで、
あれらのイメージからは早く脱却したいものです。



それと、今思うと「鉄のバイエル」のあとがきは
何だか浅いし、特に言いたいことでもないような内容になってしまってますなぁ。
耳コピなんてほんの一手段で、光を当てるような目的ではないのですよ。
自分の場合は能力的にも大したことないですしね。

東京の音風景




microSAMPLERで適当に遊んでみた。
Tokyo Soundscape.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。