ブログなんちゃら。

今はTwitterに専念してます。http://twitter.com/matsu_k3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンで一番好きな曲






ショパンが好きな自分なのですが、その中でも一番好きな曲といったら
このピアノ協奏曲第一番第一楽章になりますかね。
(若かりし頃の?)ショパンらしさが全て詰まってる曲だと思います。
動画はこれも好きな奏者であるサンソン・フランソワで。

この曲は2007年に私も弾いたことあるのですがいやぁ難しかった。
また時間を見つけては練習しようかな。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

お世話になったバイト先が潰れました。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090115-00000012-ykf-ent

学生時代4年くらいお世話になった本多芸能が倒産。


色んな思い出が蘇ってきました。
横浜アリーナ、中野サンプラザ、日本武道館、
さいたまスーパーアリーナ、テレビ朝日、etc…
横アリなんて何十回行っただろう。
今でも構造覚えてます。


過去の画像を探ってみました。


横アリ

こんだけの人数相手に入り口で一人一人手荷物検査とか大声上げて誘導とか…。
あの頃は若かったのぅ。


本芸自分

↑この写真の左下の赤丸で印付けた柵押さえてる人、自分です!(笑)
これは大学3年の時かな。
こういう楽な配置の時もあれば、場外で立ちっぱの時もあればと
ポジションによって仕事内容が全然違ったという。


これ以外でもサザンのライブで最前席の柵持ちとか
ミスチルのライブただで聴けたりとか
Mステ現場でタモリと挨拶したりとか、
美味しいバイトでした。
仕事はかなりハードだったけど。。

テーマ:アルバイト - ジャンル:就職・お仕事

Roland RS-09




またもシンセ系動画をUP。
1979年に発売されたオルガン/ストリングスキーボード、RS-09です。
哀愁漂うレトロな音ですね。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

紀伊國屋新宿南店にて

090111


紀伊國屋書店新宿南店の5階レジ付近に自分の楽譜が取り上げられているとの情報を姉から得て、今日都内に出向いたついでに寄ってみました。
写真の両隣はレジという場所です。

実際こういうのを見るとなかなか嬉しいものですね。
それにしても何故この時期に…?

例のごとく実家帰り

090110.jpg

一度やってみたかった新幹線を使わず東海道線だけでの帰郷。
8:44浜松発熱海行き→熱海乗換え→平塚12:01着のほのぼの旅を味わったのでした。

テーマ:神奈川県平塚市 - ジャンル:地域情報

Polymoog Synthesizer



これはさすがに私の所有物ではありません。
昨年12月、YMOのコピーバンドで有名なあのお方のお宅へ遊びに行かせて頂いた時のものです。
初期YMOで坂本龍一が使い倒していた名器で、ストリングスサウンドは世界一美しいのでは?と思います。
この日はもちろんTong Pooとかも弾きましたよ。

シンセコレクター(?)の一面も持つ私ですが、こいつはそもそも市場に殆ど出回っておらず入手最困難品です。
さらには「運ぶだけで壊れる」というメンテナンスの非常に厄介な代物であるのも事実。
いつかは欲しい憧れの機種です。

YMOのコピーバンドやりたいな。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

ドッツ

ドッツ

随分前に出た商品らしいですが、これ、
自分でドットのピンをはめて作るおもちゃです。
縦横それぞれ13cmくらいの大きさです。
なんかいいですね。
部屋に飾って遠くから眺めるとよりいい感じです。

斜めから見るとこんな感じ。

ドッツ2

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

発車メロディ話1

さて、私と発車メロディとの関係についてお話させて頂きましょう。

私はずっと神奈川県の小田急線沿いに住んでおりましたもので、
発車メロディなどというものには縁がありませんでした。
そんな中、2000年4月の一浪になりたての頃、
音楽好きの友人から「これ面白いよ」と紹介されたMIDIファイル。
それはその友人の友人が作ったという、
JR東日本の発車メロディを所々に織り交ぜて一つの楽曲にしたというものでした。
これがまた非常~に良く出来ていまして、一つの楽曲としても気に入ったと同時に、
もちろん中には聞き覚えのあるものもあり、何となく発車メロディというものに興味を持ったのでした。

当時はインターネットが普及し始めた頃。
今ほど出来ることは多くなく、知識も乏しかった私にとっては
「何だか凄くて面白そうな世界」という感じでした。
そんな不慣れな中で「発車メロディ」と検索してみたことが全てのスタート地点でしたかね。
(ちなみに当時はGoogleなんて一般的ではなかったですよ。)
実際に駅で録音してきた実録ファイルを公開しているサイトを見つけたのです。
「うわ、懐かしい!」
記憶の隅に眠っていた音のかけら、東京という街の音風景…。
様々な思いが駆け巡ると同時に、知らない曲についても聞いていくうちに面白くなり、
「これはなかなかいい」と自分なりに趣きを感じていました。

それからは都内へはJRを優先的に使ってみたりしていたのですが
(町田から新宿へ行くのにJRを使ったこともあります(笑))、
実際の音も聞いているうちにあることに気付きました。
車掌さんがリアルタイムでスイッチで操作していたのです。
この「生演奏感」に最も惹かれましたね~。
途中で切られたりと一度たりとも同じ演奏は繰り返されない。
ONとOFFだけの非常にシンプルなスイッチ。
電車が数分おきにやってきては車掌さんがホームまで降りていき、「生演奏」をする。
この構図に芸術性を感じ、「あぁいいなぁ」と一人で感傷に浸ったりしていたものです。
ホームでボーっと30分くらい過ごしたりもしていましたね。

とは言ってもそれから数年は特にハマってたということは全くなく、
ごくまれにそういったサイトを見て情報を得たりしていた程度でした。

そして2007年初頭。YouTubeに動画を公開することになるのですが…。
続きはまたにしましょう。


まとめると、私は何も発車メロディそのものが好きというわけではありません。
「発車メロディのある”音風景”」
「そこから浮かび上がる様々な”情景、感情”」
「スイッチによるリアルタイム操作の不思議な”生演奏感”」
が好きなのです。
なので雑音の全くないマスター音源を聴くとか
毎回必ず1コーラスが流れるシステムとか
○○線で新曲導入!とかには興味はありません。


そんな自分にとって思い出のナンバーを2曲!
「せせらぎ(鐘強調無しVer)」と「雲を友として」です。
この2曲は私が小学生だった頃、たまに東京まで電車で出向いた際に無意識に耳にしていたもので、
何ともいえぬノスタルジック感に包まれます。
1990年代初頭から実に20年近く流れ続けている曲です。
極論を言えば発車メロディはこの2曲だけあればいいです。
「雲を友として」が今では高崎問屋町駅だけになってしまったことは自分にとって大ショックです。
「せせらぎ」に関しては未だに山手線を始め多くの駅で使われているのは非常~に素晴らしいことですが、
元祖である「鐘強調無しVer」が次々と姿を消し、
今では大塚駅と西日暮里駅を残すのみとなってしまったことは残念です。
大塚と西日暮里!生きろ~!生き続けてくれ~!笑

雑踏に交えた「せせらぎ(鐘強調無しVer)」


都心部に「雲を友として」が流れていた頃(4:26~と6:40~)

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

ファミコンのビデオ

ファミコンのビデオ

結構前に発売されていたものですが、
「ファミコンのビデオ ファミコン生誕20周年記念」
というDVDを買いました。
カートリッジを並べたパッケージデザインもいいですね。
裏には使用者のものと思われるサインペンによる名前入りの物まで(笑)。
今でも中古屋で名前入りの物を見かけると、このソフトが現役で使われていた頃の光景とかが浮かんでくるようで切ないものがあります。

この映像は以前にもどこかで見た記憶はありますが、先日、国本剛章さん(後日また紹介しますが、チャレンジャーやスターソルジャー、ヘクター87など、昔のハドソンのゲームの音楽を作曲し、数多くの名曲を生み出した偉大な方)とコロニー落としという3人組による昔のゲーム音楽を演奏するライブに行った際に開演前にスクリーンに映し出されていたもので、即効欲しくなったのでした。

内容はファミコンソフトベスト100に高橋名人VS毛利名人、ドキュメンタリー、周辺機器特集、CM集など。
ドキュメンタリーはよくできていて良かったです。
ベスト100は垂れ流し再生させておきたい感じですね。
PSG音源による音楽がどれもいいなぁ。

任天堂が改めて凄いと思うのは、製品のメーカーでありながら文化までメイクしてしまった点です。
そういう意味ではうちも…?
「その他製造メーカー」万歳!(笑)

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

Blog開設しました!

松澤健と申します。発車メロディや昔のゲーム音楽を鍵盤で弾いた動画を公開したりしてます。
mixiは閉鎖的なのと、ブログというものをやったことがなかったのとで始めてみました。
気まぐれで更新していく予定ですが、全然更新しないかもしれません。
気楽にやっていこうかと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。