ブログなんちゃら。

今はTwitterに専念してます。http://twitter.com/matsu_k3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページ開設

Twitterメインになってからほぼ放置していたこのブログですが、
この度、ドメインをとってホームページを開設しましたので
よろしくお願いします。↓

http://mt-kn.com/




.
スポンサーサイト

タケちゃん&健ちゃん ごきげんCD




僕の組んでいるユニット、
タケちゃん&健ちゃんの初アルバムとなる自主制作CDを作りました!
2011/03/26のライブにて発表、その後は以下へお問い合わせ下さい。
キノコさんの休憩室


また追記していきます!

ライブ情報


110222


 
 
2011/3/26(土)に"タケちゃん&健ちゃん"として

ゲーム音楽系のライブに出ます!



2011年3月26日(土)
開場:18時00分
開演:18時30分

■会場
BUNGAJAN
最寄り駅:JR総武線「浅草橋」駅 西口下車徒歩1分

■チケット
前売 2,000円
(+1drink 600円)
※ 2月27日(日)10時~ イープラスにてチケット発売(前売のみ)


告知動画




ぜひともご来場下さいね。

詳しくはこちらこちらをご覧下さい。



アナログモノシンセによる迷宮組曲

 
 




MOOG / minimoog

ARP / ARP ODYSSEY

Sequential Circuits / Pro~One



という、海外三大アナログモノフォニックシンセサイザーで

迷宮組曲の名曲、井戸のテーマを弾いてみました。

完全手弾きのアナログサウンドです。

リズムのずれが気になりますがご愛嬌で。



minimoogのベース

Pro~Oneのソリッドなサウンド

ODYSSEYのエグいモジュレーションと

それぞれの個性を活かしてみましたが

オデッセイのLFOはちょいとやりすぎたかな・・。



てか、これまでこういった機材を持っておきながら何もしてこなかったので

今後はこういったお遊びも色々していきたいと思います。

初めてfinal cut expressという動画編集ソフトを使ってみてまだよく分かってなかったり

オーディオはdigital performerでエディットしたんですがそれもまだ全然使いこなせてないので

宝の持ち腐れはそろそろやめて色々やってみたいと思います。






CD「テツノポップ」発売

 
 
僕もちょこっと参加させていただいた発車メロディ関係のCD
「テツノポップ ~史上最強 駅メロ伝説「SH」スペシャル・コレクション~ / 塩塚博」
が1/26(水)に発売になります。

どなたにでもオススメできるCDです。




僕も顔写真付きで紹介されています。

CIMG1642.jpg


本CDは作曲家・ジャズギタリストの塩塚博さん初のソロアルバムともなっております。
ところで塩塚博さんとは(?_?) という方
関東にお住まいなら必ず彼の曲を耳にしているはず。←これって結構すごいことですよ

以前撮ったこの動画の曲は全て塩塚さん作曲のものです。





本CDはこれらの曲を元に
ロングバージョンにしたもの、歌モノ、弦楽四重奏
そしてもちろんオリジナル音源も全て収録と
盛りだくさんな内容となっています。


今回は曲間に4回ほど登場する「エアトレイン」というコーナーで
僕とニッポン放送の飯田浩司アナウンサーとコラボという形で参加させていただきました。


はてさて、なぜ飯田アナと…?
ということになりますが
僕は3年ほど前、ニッポン放送の「小倉智昭のラジオサーキット」というラジオ番組に出演させて頂いた時に
飯田アナと共演したことがあるのです。
この時は初対面で、このネタ自体10分程度のリハをした程度でした。
こちらはその時の模様です。




大したことをやってるわけじゃないですが
微妙なニュアンスが伝わってきて面白いと放送終了後はわりと好評に。

本CDはニッポン放送がタイアップしており
そこで幸いにも僕の話を出していただき、3年ぶりの共演という形になりました。


ところで、この飯田アナ
僕とタメで、二人とも神奈川出身、出身大学も同じと
この番組への出演をきっかけに意気投合し、サシ飲みするほどの仲となっています。
素敵な出会いができて嬉しく思います。


さてさて、その後、紆余曲折、試行錯誤を繰り返し
無事、レコーディングを終了して4トラック分収録されることになりました。


このエアトレインとは声だけを使って駅のアナウンスや電車の音を再現するというもので
その飯田アナの後ろで僕は効果音や発車メロディを手弾きしてます。
ちょこっとコント仕掛けのようにもなっていて
全て人力だけで駅の音風景を再現、その様子には思わずクスッとなるはずです。
これらは曲間に登場
ちょうど、YMOの「増殖」におけるスネークマンショーのような位置づけです。


収録トラック#

4. エアトレイン 山手線「有楽町駅」

6. エアトレイン 山手線「高田馬場駅」

10. エアトレイン 中央線、中央・総武緩行線「御茶ノ水駅」

12. エアトレイン 山手線「新橋駅」 (1990年代初期バージョン)


特にトラック12の90年代の音風景を再現したものは完全に僕の趣味丸出しです。笑
どうしても思い入れの強い二曲
「せせらぎ」と「雲を友として」
が流れていたあの時代を今一度思い起こしたく、盛り込みました。

パッと聞き、僕は演奏してるだけにも見えますが
全体的なディレクション、微妙な間の取り方(これが一番大事で最も出来に関わります)、編集など
総合的な指揮をとらせていただきました。
結果、絶妙なものに仕上がったと思います。


収録は塩塚さん宅にて行ないました。

こちらはリハーサル中の飯田アナ
さすがプロのアナウンサーといった発声です。

IMG_0328.jpg

使用機材は塩塚さん所有のDX7
自分で用意した音色をRAMカートリッジに入れて持っていくという80年代な感じで行きました。
音色にもこだわりましたよ~。

IMG_0326.jpg

↓今首都圏中で流れてるメロディはこの個体から発せられたものです。
FM音源は素晴らしいですね。

IMG_0330.jpg

クラシック音楽的なアレンジが施され
どなたでもお楽しみいただける内容となっている「テツノポップ」
大変オススメできるものとなっています。
ぜひぜひよろしくお願いします。

IMG_0336.jpg




ちなみに塩塚さんはこんな方です。



インタビューに出てくる(株)スイッチの小川さんには僕も大変お世話になっております。






2010 ポーランド旅行記 ショパンコンクール

 
 
大分時がたってしまいましたが
昨日の入賞者ガラコンサートを見てきて思い出したかのように
昨年ショパンコンクールを見にポーランドへ行ってきた時の模様を写真でお送りします。


成田出発時

CIMG1186.jpg

成田発直後

CIMG1190.jpg

新潟、日本海、さらば日本列島

CIMG1192.jpg

ワルシャワ市内

CIMG1208.jpg

ショパンアカデミー(音大)

CIMG1212.jpg

ショパンミュージアム

CIMG1218.jpg

ショパンストア

CIMG1222.jpg

ショパンの心臓の眠る聖十字架教会

CIMG1227.jpg

ショパンの心臓ここに眠る

CIMG1232.jpg

日本のバスが二台連結されたようなバス

CIMG1241.jpg

コンクール街頭ポスター

CIMG1244.jpg

ワルシャワ旧市街

CIMG1265.jpg

地下鉄

CIMG1274.jpg

コンクール会場のワルシャワフィルハーモニーホール

CIMG1282.jpg

ロビー

CIMG1290.jpg

会場内
映像ではよく見ていただけに生に感動!

CIMG1294.jpg

CIMG1295.jpg

CIMG1296.jpg

CIMG1297.jpg

動画で撮ってみた



後光の差すスタインウェイ

CIMG1306.jpg

本選最終日の3人の演奏を聴いたのですが
一人目と二人目はこの席で見ました。

CIMG1310.jpg

CIMG1321.jpg

CIMG1325.jpg

諸々

CIMG1317.jpg

CIMG1318.jpg

審査員席のダンタイソン(1980年第1位)

CIMG1326.jpg

ケヴィンケナー(1990年第2位)と小山実稚恵(1985年第4位)

CIMG1327.jpg

ピアノ交換



CIMG1347.jpg

CIMG1352.jpg

CIMG1353.jpg

歴代のコンクールポスター

1995年 スルタノフ、ジュジアノ

CIMG1360.jpg

1985年、ブーニン

CIMG1361.jpg

2000年、ユンディリ

CIMG1362.jpg

2010年

CIMG1363.jpg

2005年、ブレハッチ

CIMG1364.jpg

1990年、ケヴィンケナー

CIMG1365.jpg

1980年、ダンタイソン

CIMG1366.jpg

1970年、ギャリックオールソン

CIMG1367.jpg

1960年、ポリーニ

CIMG1368.jpg

1965年、アルゲリッチ

CIMG1369.jpg

1975年、ツィメルマン

CIMG1370.jpg

1932年

CIMG1371.jpg

1949年

CIMG1372.jpg

1937年

CIMG1373.jpg

1955年、ハラシェヴィチ、アシュケナージ

CIMG1374.jpg

第一回、1926年

CIMG1376.jpg

このカメラから全世界へネット配信、アーカイブ化

CIMG1385.jpg

本選ラストはお知り合いの方と席を交換しこんな間近で見ました。

CIMG1392.jpg

CIMG1395.jpg



審査員席のアルゲリッチ

CIMG1405.jpg



CIMG1410.jpg

アルゲリッチに群がる人達

CIMG1419.jpg

お客さんへのインタビュー風景

CIMG1424.jpg

会場を後にする

CIMG1425.jpg

ショパンアカデミー内の像

CIMG1428.jpg

ショパンミュージアムは大混雑。
小学生の社会見学団体が各所で多く見られました。

CIMG1431.jpg

ショパン自身が晩年使っていたピアノ。
つまりこのピアノから生まれた作品もあるわけで。

CIMG1432.jpg

自筆譜

CIMG1436.jpg

CIMG1438.jpg

なんとショパンの髪の毛(本物)

CIMG1439.jpg

デスマスク

CIMG1440.jpg

ちょっとハイテクで
ページをめくるとその曲をヘッドホンで聴けるようになっていたもの。

CIMG1441.jpg

エチュードOp.10-4自筆譜。
1小節目が二拍分あるのに注目。

CIMG1442.jpg

カフェモカとデザートを頼んだらこんな大量のクリームが。。
いくら甘いもん好きでもこの量には途中からうんざりしてきて
しばらくは甘いもんを受け付けなくなりました。

CIMG1449.jpg

ショパン生家

CIMG1464.jpg

生家内のピアノ

CIMG1466.jpg

家族の肖像画

CIMG1468.jpg

ショパンはこの部屋で生まれたんだって!

CIMG1469.jpg

外より

CIMG1473.jpg

生家の周りは広いのどかな庭園になってました。

CIMG1481.jpg

庭園内のマークとして色んな名前がつけられてました。
このあたりはマズルカ

CIMG1483.jpg

CIMG1488.jpg

マズルカという名のケーキ

CIMG1494.jpg

CIMG1495.jpg

生家(奥に微妙に写ってます)を見ながら協奏曲の楽譜を見るとかいう粋なことをしてみた。

CIMG1497.jpg

市内の日本料理屋

CIMG1514.jpg

コンクール開催時はこのように毎日コンクールの模様のフリーペーパーと
コンクールのライブ録音CD(毎日1枚ずつ増えて計20枚に)が配布されてました。

CIMG1518.jpg

日中のフィルハーモニーホール

CIMG1521.jpg

ワジェンキ公園のショパン像。
紅葉がとても綺麗でした。

CIMG1526.jpg

CIMG1537.jpg

CIMG1550.jpg

市内のショッピングモール

CIMG1561.jpg

入賞者コンサート時のロビー。
フリーペーパーのバックナンバーがまとめてありました。

CIMG1562.jpg

入賞者コンサート開演前

CIMG1571.jpg

終演後、ロビーの楽屋口付近に第1位のユリアンナさんが

CIMG1573.jpg

サインとツーショット

CIMG1579.jpg

日本に戻る日に知ったのですが、
今回のコンクール参加者と泊まってるホテルが同じだったことが判明!
朝食時に普通に入賞者がいました。

第2位のヴンダー

CIMG1583.jpg

第2位のルーカス

CIMG1585.jpg

談笑するヴンダーと第5位のデュモン

CIMG1587.jpg

サインはきっちりもらってきました。

CIMG1590.jpg

帰国。空から富士山が見えました。

CIMG1594.jpg

成田着

CIMG1597.jpg


ショパンコンクールは過去の映像や音源を集めて研究しまくって、
いつかは絶対行こうと思っていたので今回は行けて本当によかったです。
またいつか行きたいです。


同窓会。

 
 
昨夜、母校の平塚江南高校の同窓会に行ってきました。





こういった学年レベルのは卒業以来初めてで


参加人数は170人!


ちょうど学年の半分です。





先生方もかなり来てくれて!


高校は本当に担任に恵まれていて


大好きだった榎本先生と根立先生に久しぶりにお会いできたのが一番嬉しかったです。


久しぶりに会ってもやっぱり好き!


先生と話しているときは完全に「あの頃」に戻れたな~。






来れなかった先生方は幹事が事前に突撃レポをしたVTR出演。


化学の鈴木先生の「カラーバット」

国語のスズコ先生の「それでは今日の一句を紹介します」

英語の溝畑先生の「じゃらじゃら箸指名」



懐かしすぎ!









途中、参加ハガキに書いた一人一人のコメント紹介コーナーで


何故か自分がトリで紹介されて


ピアノがあったので何故か平塚駅の発車メロディ弾いてくれというワケワカラン流れになったのは焦ったけれども。。


















みんなもそれぞれ色んな道を歩んでいて


高校なので知らない人のが多いわけだけど


三年間、同じ時と空間を共有した人達ってのは


本当にかけがえのないもんです。













この10年ってのはそんなみんなにとっても自分にとっても


人生で一番色んなことがあった期間なわけで、


エンドロールでの当時の写真に全員の氏名…。


ぐっときましたね。


こういうのホント弱いっす。









本当に色々あって


色んな悩みとか不安とか


現在進行形のものもあるわけだけど






いい意味でこの10年間という期間をぐちゃぐちゃっとかき混ぜられて




不純物が分離されて




そんな感覚でした。



















ちなみにもう一度高校時代からやり直せるとしたら、、

どうかな~w


もっとまともな人生を歩むべきだったとやり直したい感もありつつ、


でも色々また面倒なことも全部やらなきゃなわけで


来世に期待しよう♪













ところで

Twitterの短い文章に慣れると

久しぶりに日記を書いて長めの文章が書きづらくなっちゃってることを実感。

あれあれ。

タケちゃん&健ちゃん 3rdライブ終了。

先日9/5にタケちゃん&健ちゃん3回目のライブを行なってきました。
お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました!


今回はソロコーナーでファミコン実機を使うという試み。
なんと前日に内部的に回路をショートさせてしまったようで本体を壊してしまいました。


慌てて別の個体から基板ごと交換&一部ハンダ付け。
事なきを得ました。


さらに当日、機材が多かったため車で会場の高田馬場まで向かったのですが、
途中の渋滞、そしてほどよい駐車場がなかなか見つからずとリハには大分遅れてしまい、
開演までもややアセアセ^^;
ちなみに都内を運転したのは何気に初めてでした。





今回は今までとは趣向を変え、国本さんと共通で好きなゲーム「MOTHER」からスタート。
全面的にご協力いただいたまめさんの映像演出が素晴らしくいきてますね。





ソロコーナーでは純正品ファミコン本体を用いて三角波パートを生演奏。
MIDINESというツールを使ってます。
予想外にミスタッチ連発ですが、
実機によるホンモノの音なのにミス音?というのを「味」と捉えて頂ければと・・笑
いい音色です。





そしてそして、ゲストのフルーティスト、西村菜美さんを交えての「忍者ハットリくん」。
「アルルの女」、「ハットリくんテーマ」、「天国と地獄」
を見事にミックスした国本さんのアレンジの素晴らしさは元より、
生で演奏するならフルート!といったほどマッチしていて良いですね。
ちくわと鉄アレイはゲームをプレイしたことのある方にはニヤリ。

ちなみにこのゲーム、150万本も売れたそうです。
つまりは国本さんはミリオンセラーコンポーザー・・。素晴らしい!


続く「迷宮組曲」でも素敵なフルートに包まれ、二周目には自由奔放なアドリブ。
自分はアドリブが苦手なので大したことはできてませんが、
お二人に支えられて何とかといった感じです。


やっぱライブはいいですね。
今後ともこういったことはやっていきたいです!

宣伝が

http://www.2083.jp/concert/20100905takeken.html


2083WEBというゲーム音楽系のサイトで
いい感じにライブの宣伝をしていただいてます。
トップページにも載ってますね。

ライブ告知動画




9月5日のライブ。
当日の映像演出でもあるまめさんに告知動画を作っていただきました。
"ゲームマニア"となってるところは"ゲーム音楽マニア"に訂正をお願いしたはずだったんですがまぁいいです笑

是非お越し下さい♪

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。